【2021】徳島の桜花見の穴場スポットを紹介!空いている公園や人気の場所はココ!

ニュース

スポンサーリンク

こんにちは!ぽんこ夫人です。

2021年のお花見も新型コロナウイルスの影響により屋外かつ三密を避けられるものが人気となっています。どうせなら感染リスクも下げられ、ゆっくりお花見ができる穴場でお花見をしたいですよね。

そんな時におすすめなのが公園です。

屋外であるため距離さえ開ければソーシャルディスタンスに配慮できますし、走り回っても大丈夫です。

そこで今回は、

  • 徳島にあるお花見の穴場スポット
  • ゆっくりお花見できる人の少ない公園
  • 徳島で有名なお花見スポット

についてまとめていきます。

ぜひ最後までチェックして、行きたい場所を見つけてくださいね!

2021年版徳島の桜花見ができる穴場スポットはどこ?

徳島県には多くの花見スポットがありますが、穴場となるとその数はぐっと減ります。

せっかく桜を楽しむならゆっくり満喫したいですよね。ここではじっくり花見ができる地元民以外行かないような穴場スポットを紹介します。

事代主神社(徳島市川内町)

徳島にはいくつか事代主神社(ことしろぬしじんじゃ)がありますが、徳島市川内町にある事代主神社は知る人ぞ知る穴場スポットです。

立派な鳥居をくぐった先は一本道になっており、桜並木が美しく咲き誇ります。鳥居と桜が共存する姿は時間の流れを忘れさせてくれますよ。

ただ、この神社には大きな駐車場がないため車でのアクセスはおすすめできません。周辺には畑や住宅がいくつかあるだけでコインパーキングもなく、路駐するしかないため近隣住民の迷惑になります。

バスを利用するなら、加賀須野バス停、新加賀須野橋バス停、工業団地前バス停がオススメです。どこで止まっても徒歩3分程度で目印の鳥居まで行けますよ。
事代主神社(ことしろぬしじんじゃ)
住所:徳島県徳島市川内町加賀須野169-1
おすすめのアクセス方法:バス

美濃田の渕(東みよし町足代)

美濃田の渕は県西部の東みよし町にある吉野川中流域の景勝地です。日ごろから美しい水の色を誇る川と神秘的な形の岩が多くあることで有名な場所ですが、春になると川岸に植えられた桜が水面に映って穏やかで美しい空間になります。

県立自然公園にも指定されている美濃田の渕は高速道路の吉野川ハイウェイオアシスとつながっているため多くの人が訪れます。しかし、長さ2km・幅100mと歩くには広すぎるため観光客はハイウェイオアシス内だけを散策することがほとんどです。

そのため、隣接するファミリー広場やそこからさらに川岸へと降りると地元民しかいない桜の名所に行くことが出来ますよ。

また、高速道路と隣接する他大きなサービスエリアでもあるため、車でのアクセスがおすすめです。車がないという方も徳島市の方から高速バスが出ているため、気軽にお越しいただけます!

美濃田の渕の桜
住所:徳島県三好郡東みよし町足代1650付近
おすすめのアクセス方法:高速バス、車

 

スポンサーリンク

2021年版徳島の桜花見ができる空いている公園はどこ?

徳島には桜の名所が多くありますが、どこも車が必須であったり有名すぎて人が多いことが特徴です。

ここで紹介する場所は地元の人にとって桜の名所でなじみだけど外部の人は知らないところです。地元民と一緒に桜を見るのはいかがですか?

袋井公園(徳島市鮎喰町)

アクセスは簡単なのに観光客は少ないのが袋井公園(ふくろいこうえん)です。

もともとは江戸時代に発見され開発された農業用の水源地であり、現在水源地周辺は公園になっています。その公園や川沿いにいくつもの桜が植えられており、見ごろになると歩道にも川にもピンクのじゅうたんが出来上がりますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hirock31がシェアした投稿

バスを利用すれば徳島駅から約12分片道210円で行くことが出来ます。また、近隣に眉山があるため桜目当ての観光客はそちらに流れることが多く、袋井公園には地元の人が花見に行くことが多いです。

袋井公園(ふくろいこうえん)及びその水源地
住所:徳島市鮎喰町2丁目川内86-8付近
おすすめのアクセス方法:バス

諏訪公園(三好市池田町)

県西部に位置する諏訪公園は諏訪神社に隣接する公園です。敷地内にはソメイヨシノが約300本植えられており、静かにお花見するにはぴったりな場所ですよ。

西部の中では人が集まるお花見スポットですが、単純に住人の数が少なく観光客もそこまで多くないため実質穴場状態になっています。

アクセスも阿波池田駅から徒歩約10分程度で行けます。車で来ることも出来ますが、道が狭い上に一方通行が多く駐車場は障がい者用1台のみです。また、道中は住宅もありスナックなどのお店もあるため人の動きがややあり、突然ふらっと人が出てくることもあります。

そのため、地元民じゃないなら車でのお越しはおすすめできません。バスを使って徒歩で行くのが確実です。

諏訪公園(すわこうえん)
住所:三好市池田町ウヱノ2907-3
おすすめのアクセス方法:バス、徒歩

 

スポンサーリンク

2021年版徳島の桜花見ができる人気の場所はどこ?

徳島で人気なのはやはり八百萬神之御殿と眉山ですね。どちらも圧巻の美しさであるため観光客が多く訪れます。

八百萬神之御殿(美馬市脇町)

県内随一の桜の名所と言えば八百萬神之御殿(やおよろずのかみのごでん)です。同名の宗教団体が山の一部を管理し、春になると約8000本のソメイヨシノが山を淡いピンク色に染め上げます。

八百萬神之御殿に植わっている桜の数は県内1位です。その圧倒的な美しさは県民として自信をもって推せますが注意点が一つあります。それは拝観料として1000円が必要なことです。

山に植えられているため遠目からでも見ることはできますが、より楽しむなら入り口で拝観料1000円を支払って御殿の中に入った方が絶対に良いです。

 

また、場所が山にあるため徒歩では1時間以上かかるため、登山目的でないなら車で行くことを勧めます。ただし駐車場は50台しかない上に道幅は対向できないほど狭いため運転に慣れている人にドライバーをお願いした方がいいですよ。

 

八百萬神之御殿(やおよろずのかみのごでん)
住所:美馬市脇町東赤谷名1701-2
アクセス方法:車のみ
拝観料:小学生以上1人1000円

眉山公園・西部公園(徳島市)

眉山の山頂付近にあるのが眉山公園、北西には西部公園があります。

出典:徳島市 公園「西部公園」

眉山公園は車かロープウェイにて眉山山頂まで行った先にある公園です。桜だけでなく眺望や夜景に恵まれており、太平洋戦争にまつわる記念塔などがあります。

眉山公園に行くには車で登るか、徳島駅から徒歩10分の阿波おどり会館5階の眉山山麓駅からロープウェイに乗って約7分で到着します。広い公園なため子供連れの方には特におすすめです。

西部公園は眉山の北西にある約500本のソメイヨシノが植えられている公園です。日本さくら名所100選にも選ばれており、県内有数のお花見ポイントです。

JR徳島線蔵本駅から徒歩約30分かかります。通行無料の眉山ドライブウェイもあるため車でのアクセスが圧倒的におすすめですね。

眉山公園(びざんこうえん)

住所:徳島市眉山町、佐古山町諏訪山の一部
おすすめのアクセス方法:ロープウェイ、車
西部公園(せいぶこうえん)

住所:徳島市加茂名町庄山
おすすめのアクセス方法:車

 

スポンサーリンク

まとめ

徳島県内でお花見するなら、県西部に行くほど観光客の数が減りゆっくりお花見ができます。

東部に行くほど観光客は増えますが、植えられている桜の数も多くあり、広い公園が併設されていることがほとんどです。

そのため、家族連れの方などは東部の公園へ行き、カップルや夫婦でゆっくり桜を見たいという方は西部がおすすめです。

県西部に住んでいる私としては美濃田の渕がおすすめです。アクセスが楽で人もそこまで多くない上に、景色の美しさは抜群ですよ。ぜひ一度お越しください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました