上弦の鬼のモチーフになった病気や病名まとめ!伝染病や疫病が選ばれた理由を考察

上弦の鬼のモチーフになった病気や病名まとめ!伝染病や疫病が選ばれた理由を考察 アニメ・ゲーム・マンガ

スポンサーリンク

こんにちは!ぽんこ夫人です。

上弦の鬼のモチーフが病気だと聞いて、「なんで病気なの?」「半天狗とかいたし妖怪じゃなくて?」と思い…。理由を探していくと病気がモチーフになっていた理由がしっかりあって驚きました。

そこでこの記事では、

  • 上弦の鬼のモチーフになった病気
  • なぜ鬼のモチーフに病気が選ばれたのか
  • 無惨や下弦の鬼も病気である理由
  • 鬼殺隊が薬である理由

について紹介します。

ぜひ最後までチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

上弦の鬼のモチーフになった病気や病名まとめ

上弦の鬼のモチーフになった病気や病名の一覧がこちらです。

上弦の壱 黒死牟 ペスト
上弦の弐 童磨 結核
上弦の参 猗窩座 麻疹
旧・上弦の肆 半天狗 ハンセン病
新・上弦の肆 鳴女 ない可能性が高い
上弦の伍 玉壺 アメーバ赤痢
旧・上弦の陸 堕姫・妓夫太郎 梅毒
新・上弦の陸 獪岳 コレラ

それぞれ理由を紹介しますね。

上弦の壱 黒死牟

上弦の壱・黒死牟のモチーフはペストだと考えられます。

ペストとはペスト菌に感染することで発症する病気です。

14世紀から17世紀末までの約300年の間ヨーロッパで猛威を振るった病気で、感染すると皮膚が黒くなって死亡する様から「黒死病」と呼ばれていました。

黒死牟(こくしぼう)と黒死病(こくしびょう)といった風に、名前がよく似ています。

また、黒い痣がある=皮膚が黒くなって死亡するという見た目からもペストだとも考えられます。

鬼狩りの剣士の痣は体温が39度以上で心拍数が200以上の時に発現し、痣持ちが1人現れると周囲の剣士に伝播する、と言われています。

ペストもいくつかある原因のうちにヒト→ヒト感染があります。黒死牟が人間(継国巌勝)だった頃、双子の弟であり剣士でもあった継国縁壱も痣を発現していました。

なので黒死牟(こくしぼう)のモチーフはペスト(黒死病)であった、と考えられます。

上弦の弐 童磨

上弦の弐・童磨のモチーフは結核だと考えられます。

結核は呼吸により結核菌を吸い込むことで肺に炎症が起こる病気です。

童磨には9つの血鬼術がありますが、このどれも氷が使われます。その氷を吸い込むと肺が凍って呼吸不全になるという鬼殺隊の天敵ともいえる存在です。

なので童磨は彼の生い立ちや名前ではなく技や攻撃方法が結核と似ているということですね。

また、大正時代に結核の治療薬が登場しましたが、副作用で視力低下する危険性がありました。童磨を倒したカナヲは彼岸朱眼を使った結果右目を失明しています。

上弦の参 猗窩座

上弦の参・猗窩座(あかざ)のモチーフになっているのは麻疹と考えられます。

麻疹(ましん/はしか)は現代の日本でもワクチン接種を強く勧められる病気です。発症すると風に似た症状が出る他、全身に赤いぶつぶつ(発疹)が広がるのも特徴です。

この特徴のため、昔には赤い斑(ぶち)が瘡(そう=できもの)ができると書いて「赤斑瘡(あかもがさ)」と呼ばれていました。

猗窩座(あかざ)と赤斑瘡(あかもがさ)も名前が似ていますね。

また、猗窩座(あかざ)より後に上弦入りした童磨の方が昇格しており、人を食べた数も多いです。実は麻疹よりも結核の方が新しい病気であり、死亡者数も結核の方が多いです。

このあたりもワニ先生のことなので意識して設定していると考えられますね。

スポンサーリンク

旧・上弦の肆 半天狗

旧・上弦の肆である半天狗のモチーフはハンセン病だと考えられます。

ハンセン病は皮膚や神経に影響する病気で、かつてはらい病とも呼ばれていました。その症状は感染した人によって大きく変わりますが、表面に結節(こぶ)ができることもありました。

半天狗は老人の形態の時に頭に大きなこぶがあり、症状が似ています。

 

また、ハンセン病はかつて「らい病」とも呼ばれていました。

らい=Lie=嘘と考えることができますよね。

半天狗が人間だった頃に目が見えないと嘘をついて善良な人々の世話になったり、そんな良い人たちを相手に窃盗や殺人を繰り返したことがありました。

さらに嘘や窃盗、殺人などの証拠を押さえられてもなお「違う」と嘘をついたり、挙句の果てには「盗みを働いたこの手が悪いんじゃ」とのたまったり…。

そういった性格や言動からもモチーフにされている可能性がありますね。

新・上弦の肆 鳴女

新・上弦の肆の鳴女のモチーフになった病気はない可能性が高いです。

鳴女の特徴は目が一つであることですが、生まれつき目が一つしかない単眼症は生後1年以内にほぼ死亡するためモチーフではないでしょう。

むしろ見た目や琵琶を使うことから考えると、琵琶の付喪神である玄上(げんじょう)の可能性の方が高いです。玄上は琵琶の名器でありその音色に魅せられた鬼が盗み出したという逸話も…。

そもそも鳴女は、

  • 無惨の側仕えで常に無限城にいる
  • 半天狗の死亡後は上弦の肆に昇格した
  • 人間だった頃の回想や説明シーンがない

キャラクターでした。なので人間だった頃の情報がありません。

そのため病気モチーフの十二鬼月として考えられたキャラクターではなく、無惨が空席になった肆に使い勝手の良かった鳴女を入れてあげたくらいの感じかもしれないですね。

一応無理やり何かの病気がモチーフなのではないか?と考えると、天然痘くらいなら…という感じです。

天然痘は昔から猛威をふるっていた病気であり、感染力が強く死亡率も高い病気です。有名な戦国武将・伊達政宗も幼少期に感染して失明しています。

鳴女も天然痘に感染して失明した…と考えましたが、正直かなりこじつけです。

やはり鳴女は病気モチーフではない可能性の方が高いです。

 

スポンサーリンク

上弦の伍 玉壺

上弦の伍・玉壺がモチーフになった病気はアメーバ赤痢だと考えられます。

アメーバ赤痢は発展途上国や昔の日本のように衛生環境や水が清潔ではない状況で発生する病気です。感染すると体に壺型の傷跡が残り、大正時代頃まで流行していました。

玉壺が人間だった頃は漁村で暮らしており、真水が使える場所は限られていたため感染している可能性もあります。

玉壺は肉体改造を繰り返して壺の中にうねうねして納まっています。もう見た目がそのまんまアメーバですよね。

旧・上弦の陸 堕姫・妓夫太郎

旧・上弦の陸である堕姫・妓夫太郎のモチーフになったのは梅毒でほぼ確定です。

梅毒は治療法のない時代では特に致死率の高い病気であり、性行為によって感染します。

堕姫の本名はであり、その由来は母親の病気の名前からとられたと公式で明言されています。梅と妓夫太郎の母の病名は明らかにされていませんが、遊女だったことを考えると梅毒だった可能性が高いですね。

なので堕姫のモチーフとなった病気は梅毒でほぼ確定でしょう。

しかも梅毒は胎盤を通して遺伝します。

先天性梅毒の症状の一つとして、ハッチンソン歯というものがあります。これは母親から梅毒に感染した場合に起きる歯の形成不全で、永久歯が半月形にガタガタ・ギザギザになってしまいます。

なので堕姫だけでなく歯がギザギザの妓夫太郎も梅毒がモチーフである可能性が高いです。

新・上弦の陸 獪岳

新・上弦の陸・獪岳のモチーフになった病気はコレラである可能性があります。

そもそも獪岳(かいがく)という名前は無惨が鬼と認めた時につけた名前ではなく、人間だった頃からの本名です。なので鬼のような病気モチーフで名前を考えなかった…というわけでもなさそうなんですよね。

獪岳が身に着けている勾玉は三日月型であり、そのまま月を象徴したものです。また、善逸の回想シーンでは不老長寿の象徴ともいえる桃を食べていました。

月の呼吸を使う黒死牟に鬼にされた獪岳は不老長寿となっています。桃を食べるシーンなんてまだ4巻の時ですが、ワニ先生なら伏線として仕込んできてもおかしくないですよね。

 

では何の病気がモチーフだった?と考えた時、コレラが当てはまります。コレラは主に口腔に症状が出る病気です。

コレラの研究は口腔解剖学(こうくうかいぼうがく)と呼ばれています。鬼(病気)をやっつける剣士(医療)だったので、獪岳は人間だった時は口腔解剖学を意味する「かいがく」でした。

しかし鬼となったため、コレラそのものに転じてしまいます。

鬼になった獪岳の斬撃は受けると皮膚の表面から水分がなくなってひび割れ続けますが、コレラの症状に重度の脱水症状があるのです。

人間の時も、鬼になった後も、獪岳がモチーフになった病気はコレラの可能性がありますね。

 

スポンサーリンク

上弦の鬼のモチーフに伝染病や疫病が選ばれた理由は?

上弦の鬼のモチーフに伝染病や疫病が選ばれた理由は、医療の発達していない時代に病気を鬼と呼んでいたことがあるからだと考えられます。

鬼=病気であり、上弦の鬼は特に強い致死率の高い感染病などを表しています。対してそんな鬼と対峙する鬼殺隊は薬であり医療です。

鬼滅の刃は病死した人が大量に出てしまう病気に対して人間が研究と進歩を重ねてワクチンや治療薬を作っていったお話、とも読み替えることができます。

それぞれ詳しく説明しますね。

昔の鬼=病の考えだったから

昔の日本では鬼=病気だと考えられてきました。

病鬼、鬼毒などの言葉がある他、マラリアのことを鬼瘧(きぎゃく)とも呼んでいたこともあります。

病気は目に見えないため、当時の人々にとっては未知の存在であり恐怖の対象です。そんな存在を「どんな人間でも太刀打ちできない自然の脅威」である鬼や神様だと捉え、何とか対処法を探ってきました。だから病鬼や疫病神などの言葉が生まれ、残ってきました。

昔はそんな病鬼をはらう呪術医や呪術師がいたり、疫病を神様(=疫病神)として祀ることで何とかしようとすることもありました。

そのため、鬼滅の刃は鬼vs人間の激しい戦いというだけでなく、実は人間が何世代にもわたって病気と闘い続けたことをモチーフにしていると考えられます。

 

鬼殺隊のモチーフが薬や医療だから

鬼殺隊のモチーフは薬、医療です。その理由や根拠を一覧で紹介しますね。

舞台が大正時代 大正時代は医療と技術が格段に進歩して治療薬の開発が盛んだった
青い彼岸花=青かび 青かびからペニシリン(抗生物質)ができた
日輪刀=ペニシリン 当時のドイツの呼び方が「ペニチリン
100年以上いた上弦の鬼を退治 ペスト、結核、麻疹、ハンセン病、アメーバ赤痢、梅毒は大正時代に治療法が確立し始めた
寝てばかりの禰豆子が鬼から人間に戻った 寝て治すうちに自然抗体ができた
無惨を倒したのが珠世の毒薬 血鬼術「惑血(わくち)」=ワクチン
最終話が無惨討伐後ではなく子孫らの令和時代 現代でも病気との戦いは続いている

無惨を倒した後、鬼殺隊は解散しています。しかし病気=鬼は日々いろんなものが生まれますし、その研究も進んでいます。

最終話では令和になり大正時代とは比較にならないほど医療技術、制度、衛生環境などが向上しました。

その結果、鬼殺隊という自然抗体や免疫を持つ人が生まれるまで体当たり的対処を続ける必要がなくなり、平和な世界で子孫たちが幸せに暮らす世界を描いて終了したと考えられますね。

 

スポンサーリンク

 鬼舞辻無惨や下弦の鬼のモチーフも病気だった?

鬼舞辻無惨は人体から生まれた凶悪な病気の癌(ガン)だと考えられます。

下弦の鬼はキャラクターのモチーフというよりも、名前の由来になったのが病気だったと考えられます。

それぞれ紹介しますね。

鬼舞辻無惨=癌(ガン)

鬼舞辻無惨のモチーフになった病気は癌(ガン)だと考えられます。

理由を表にしてまとめました。

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん) 癌(ガン)
鬼の始祖。人から鬼になった最強の生物 人体から生まれた最強クラスの病気
脳や心臓が複数あり自在に動かせるので
首を切っても死なない
転移したら治療→転移→治療→転移…の繰り返しになって完治しない
太陽の光を浴びると死ぬ 放射線治療が有効。放射線は太陽光に含まれる

ほぼドンピシャですよね。

無惨自身も、無惨や鬼の被害に遭ったことを「災害にあったとものとして生き残った者は日銭を稼いで生きればいい」と天災扱いしています。

下弦の鬼の由来も病気

下弦の鬼のモチーフも病気だと考えられます。

下弦の壱 魘夢(えんむ) 小さい頃は現実と夢の区別がついておらず夢遊病と思われていた(公式設定)
下弦の弐 轆轤(ろくろ) 妖怪の轆轤首(ろくろくび)=離魂病・夢遊病
下弦の参 病葉(わくらば) 名前に病が入っている
下弦の肆 零余子(むかご) ニガカシュウのむかご(球状の芽)には毒性がある
下弦の伍 累(るい) 生まれつき病弱でずっと家でこもっていた、外で遊べなかった
下弦の陸 釜鵺(かまぬえ) 妖怪の鵺が人を病気にしたお話がある

ただ下弦の鬼については無惨のパワハラ会議によって瞬殺され、魘夢と累以外の活躍や背景の深堀はないままです。

なので下弦の鬼は特定の病気をモチーフにしたというより、何かしら病気に関連する名前を選んだと考えられますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

上弦の鬼と無惨のモチーフとなった病気は、

  • 鬼舞辻無惨…癌(ガン)
  • 上弦の壱(黒死牟)…ペスト
  • 上弦の弐(童磨)…結核
  • 上弦の参(猗窩座)…麻疹
  • 旧・上弦の肆(半天狗)…ハンセン病
  • 新・上弦の肆(鳴女)…ない。琵琶の付喪神「玄上(げんじょう)」の可能性が高い
  • 上弦の伍(玉壺)アメーバ赤痢
  • 旧・上弦の陸(堕姫・妓夫太郎)…梅毒
  • 新・上弦の陸(獪岳)…コレラ

である可能性が高いです。

昔から姿がなく、未知の存在で恐怖の対象だった病気を鬼として扱うことで共存を図ってきました。しかし呪術師や疫病神のように神として祀ることで何とかしようとしたり、人類は長らく病気(鬼)と戦ってきました。

鎖国が終わって海外の技術が入ってくると医療技術が発達しはじめ、不治の病であったペストや結核などの治療法が生まれました。特に上弦の鬼のモチーフとなった病気は大正時代になって医療技術や科学の進化によって被害が格段に減少したものばかりです。

鬼殺隊はずっと昔から存在してきた病気と闘う人類の象徴であり、医療革新の起きた大正時代だからこそ炭治郎たちは無惨を倒すことが出来たのでした。しかも倒したのは珠世の血鬼術「惑血」=ワクチンなので完璧ですよね。

しかし、無惨を倒しても病気がすべてなくなったわけではありません。なので鬼滅の刃最終話では現代である令和の時代まで描かれていたと考えられます。

 

調べれば調べるほど、ワニ先生の設定の深さがえげつないと実感しました。珠世が作ったワクチンで鬼=病気が一気に滅ぼされても鬼である愈史郎だけが生き残った…。など、都合よく病気を全滅させたわけではないけど人類は病気にかつてほどは怯えずに生きていけるようになった、とぞくぞくする設定が多かったです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

U-NEXTならアニメ1期鬼滅の刃も全26話無料視聴できる上、キメツ学園も配信中です!
さらに2021年10月11日からは完全新作「アニメ無限列車編」も配信予定!
今後は映画無限列車編、遊郭編も配信される可能性も高いですよ。
それだけでなく、U-NEXTでは鬼滅の刃の電子書籍も楽しめるので、鬼滅の刃にどっぷり沼りたい人はぜひ31日もある無料トライアルを利用してくださいね!↓↓U-NEXTで鬼滅の刃のアニメもキメツ学園も漫画も楽しみつくすならこちら↓↓

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました