日本赤十字社の寄付表彰制度の充実っぷり!20万円以上”確定報酬”でガチ課金者へのアピールがすごい…

褒章・寄付

日本赤十字社は、世界192の国と地域に広がる赤十字社のひとつです。有名なのは献血ですね!他にも災害救護活動、チャリティ活動など人々の記憶に残る大きな組織です。

そんな日本赤十字社は、活動するにあたって広く寄付を呼び掛けています。そして寄付してもらおうと、協力者への表彰制度を設けることによって広くアピールしているのです。

このページでは日本赤十字社の20万円以上の寄付への表彰制度についてまとめてみました。

日本赤十字社へ寄付したらもらえる”有功章”とは

日本赤十字社は、寄付を広く呼び掛けており、その方法や使用用途もさまざま。有名なのは緊急時への義援金。しかし義援金は使用用途がその災害などに限定されるので、普段の活動を支援することは出来ません。

そのため寄付を特に呼びかけているのが活動資金への寄付。これはいつでも呼びかけており、一度限りから毎年・毎月と支援期間を選ぶことも可能です。

この活動資金への寄付額によって、日本赤十字独自の有功章を贈呈してもらえます。

銀色有功章 20万円~50万円

日本赤十字社の活動資金として20万円~50万円の寄付した場合に贈呈されるのが銀色有功章です。

一時または累計額が20万円以上ですので、一度に寄付しなくても20万円を超えた段階で贈呈してもらうことが出来ますよ!

金色有功章 50万円~

個人
団体

日本赤十字社の活動資金として50万円以上の寄付をした場合に贈呈されるのが金色有功章です。

こちらも銀色有功章と同じく、累計額での贈呈も可能ですので50万円以上を一括で寄付する必要はありません。

社長感謝状 100万円~

金色有功章を受章した後で一時または累計額が50万円以上の活動資金への寄付をした場合に贈呈されるのが社長感謝状です。

まず金色有功章をもらうために50万円以上の寄付が必要ですので、トータル100万円以上の寄付が必要となります。

日本赤十字社以外からもらえるものもある!

上で紹介した銀色有功章・金色有功章・社長感謝状は日本赤十字社から贈呈されるものです。ここからさらに金額があがると、もっとすごいものがもらえますよ!

厚生労働大臣感謝状

4月~翌年3月までの1年の間に個人100万円~500万円未満法人・団体は300万~1000万未満の活動資金への寄付を行った場合、厚生労働大臣感謝状が贈呈されます。

こちらも累計での贈呈が可能ですので、一度に100万円以上寄付する必要はありません。

紺綬褒章(こんじゅほうしょう)

個人500万以上、法人・団体1000万円以上の活動資金への寄付で授与申請してもらえるのが天皇陛下から授与される紺綬褒章(こんじゅほうしょう)です。

こちらは寄付を受けた団体が国へ「この人はこれだけ寄付してくれましたよ!」と授与の申請をしてもらわないと選考対象になることすらできません。

まとめ

今回のページのまとめは次のとおりです!

  • 日本赤十字への活動資金への寄付のみ、有功章がもらえる
  • 累計20~50万円の寄付で銀色有功章
  • 累計50万円以上の寄付で金色有功章
  • 金色有功章受章後に累計50万円以上の寄付で社長感謝状
  • 同一年度内(4~翌3月)に個人100万円以上、法人等300万円以上で厚生労働大臣感謝状
  • 一時または分納により500万円以上、法人等1000万円以上で紺綬褒章の授与申請

20万円も出せないよ!っていう人には年間2,000円からなれる赤十字会員がオススメ!詳しくはこちらからどうぞ
20万円以下で出来る日本赤十字社への寄付とそのお礼まとめ!

最もハードルの高い紺綬褒章についてはこちらで詳しくまとめています!
最低500万円あったら紺綬褒章が”買える”!?方法は寄付だけじゃない!ふるさと納税も対象に!

買える人向けに500万円以上出してもらえるものについてまとめたのはこちら!
500万円で”買える”紺綬褒章…500万円以上出したらオマケもついてくる!?買える人向けの情報を調べてみた【画像あり】

実際に紺綬褒章を表彰された人はこちらで紹介!
紺綬褒章を受章した有名人を3人紹介!

紺綬褒章のように国から表彰されたい!という方はこちらをどうぞ!
紫綬褒章に黄綬褒章…春の褒章に秋の褒章!?褒章っていったいいくつあるの?【画像あり】

このページで利用した画像の出典
 紺綬褒章…内閣府HP
 それ以外…日本赤十字「表彰制度について」

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました