イルミネーションライトの屋外での飾り方は?壁や玄関への付け方や飾り方を紹介!

イルミネーションライトを屋外や壁、玄関へ取り付ける方法や飾り方についての記事 ニュース

スポンサーリンク

こんにちは!ぽんこ夫人です。

我が家ではイルミネーションライトを飾るのは家の中だけなのですが、室内って常に電気がついてるからあんまりパッとしないんですよね。

「屋外なら帰って来た時に綺麗に見えるしチャレンジしてみよう!」と思い、飾り方を調べてみることにしました。

この記事ではイルミネーションライトを、

  • 屋外で飾る方法
  • 壁に付ける方法、飾る方法
  • 玄関に付ける方法、飾る方法

についてまとめていきます。

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

イルミネーションライトの屋外での飾り方は?

イルミネーションライトを屋外で飾る場合、

  • 建物の形を活かして飾る
  • 自立しているモチーフライトなどで飾る

などの方法があります。

お庭や玄関ポーチがあるタイプの一軒家などだとモチーフライトを置いて本格的なイルミネーションを楽しむことが出来ます。

また、マンションなどで大きなライトアップが出来ない場合でもカーテンライトやつららライトのようなつりさげ式のライトを使うことで華やかさを演出できますよ。

建物の凹凸に沿って飾る

屋外でイルミネーションライトを飾る場合、

  • 家のアーチ
  • 建物の角
  • 窓枠
  • 庭木

などにライトを飾って建物を立体的に見せると綺麗です。

こんな感じでロープライトと呼ばれるイルミネーションライトを飾り付け、建物の輪郭をはっきりさせる感じですね。

マンションの場合、壁よりも窓枠の周りだけや玄関ドアにイルミネーションを飾るのが通行人の邪魔にならずおすすめですよ。

モチーフライトを飾る

モチーフライトを使うとお手軽にイルミネーションを取り入れられるのでおすすめですよ。平面のライトを壁に飾ってもいいですし、立体的なライトを飾るのもおすすめです。

モチーフライトとはサンタやトナカイ、ゆきだるまなどのモチーフの形をしているライトです。

こんな感じのイルミネーションライトですね。

すでに完成しているイルミネーションライトを飾るだけなので、初めての人でも簡単にチャレンジしやすいです。

コードやライトは防水仕様のものを

イルミネーションライトを屋外で使う場合、イルミネーションライトはもちろんのこと電源コードも防水仕様のものを選んでください。

ちなみに、つららライトなどによくある防滴はちょっと水がかかっても大丈夫なもの程度のことを言います。

長期間雨風にさらされることを考えると、万が一を考えてもイルミネーションライトは防水仕様のものを選ぶようにしましょう。

 

スポンサーリンク

イルミネーションライトを壁に付ける・飾る方法は?

イルミネーションを壁に飾る場合は、

  • 塀や窓枠などに飾る
  • フックを取り付けて飾る

方法などがあります。

建物の立体感を出したい場合

一軒家などで家の立体感を出したい場合、ロープライトで飾るのがおすすめです。

  • 飾りたい場所と電源の場所を決める
  • ロープライトをはわせる
  • 必要に応じて粘着フックなどでロープライトを支える

ロープライトの場合、基本的には飾りたいところに設置すればOKです。

家の壁が立体的なタイル地のように凸凹していたらそこにはわせればいいですし、平面でも粘着フックなどで支えてあげれば自由にライトアップすることが出来ます。

ただしコンセント式の場合は電源の位置に気をつけなければなりませんので、好きな場所に飾りたいときはソーラー式のロープライトを選ぶようにしましょう。

モチーフライトを使いたい場合

壁にモチーフライトを飾りたい場合、モチーフライトの厚みに気を付けて飾りましょう。

  • 飾りたいところに粘着フックなどを設置する
  • モチーフライトとフックを結ぶ

だけで使えますよ。

マンションなどの場合大きなモチーフライトだと通行の邪魔になるので、こちらのイルミネーションライトのような小さくいモチーフライトを選ぶようにしましょう。

ちなみにこのサンタのイルミネーションライトは防雨仕様なため、屋根のない壁面でも使うことが出来ますよ。

 

イルミネーションライトを玄関に付ける・飾る方法は?

イルミネーションライトを玄関に飾る場合、

  • 玄関ドアに飾る
  • 玄関ポーチに飾る

方法があります。

飾る場所によってつけ方が変わるので紹介しますね。

玄関ドアに飾りたい場合

玄関のドアに飾りたい場合、フックを取り付けて飾るようにしましょう。

マグネットフック 粘着フック ドアフック
簡単に使える 簡単に使える 引っ掛けるだけで使える
木製ドアには使えない はがした時に汚れる可能性あり ドアの真ん中に飾りにくい

特に玄関ドアの場合、カーテンライトやつららライトのようなつりさげ式のライトがぴったりです。

マグネットフックが使える場合、玄関ドアの上部分にフックをとりつけて引っ掛けるだけでカーテンライトやつららライトが使えますよ。

玄関ポーチに飾りたい場合

玄関ドアだけでなく玄関ポーチにも飾る場合、

  • 壁につりさげ式のライトをさげる
  • 3Dモチーフライトを置く

などのイルミネーションライトでライトアップすることが出来ます。

玄関ポーチをシンプルなロープライトで飾り、こんな感じのかわいいモチーフライトを置くとバランスがよくていい感じになります。

一軒家などで玄関ポーチがある場合、イルミネーションの幅はぐっと広がり、立体的に飾ることが出来ますよ。

 

まとめ

屋外でイルミネーションライトを楽しむ場合、使用するライトやコードは防水仕様のものを選ぶようにしましょう。

飾るライトも、

  • 窓枠や塀、アーチにはロープライト
  • 玄関ドアはカーテンライトやつららライト
  • 玄関ポーチや庭は立体的なモチーフライト

と場所によって異なります。

イルミネーションは見てると楽しくてはりきりがちですが、近所迷惑にならないようにだけ注意しましょう。特にマンションの同じ階の人や一軒家の隣近所の家といった、外からはよくイルミネーションが見えるので要注意です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました