【povo登場編】田中芽衣出演CMの曲は誰が歌っている?曲名や歌手名を紹介!

芸能

スポンサーリンク

こんにちは!ぽんこ夫人です。

テレビを見ているとpovoのCMが流れていて、絵面は可愛いのにBGMがかっこよかったのでとても気に入りました。

CMの中には曲についての情報がなかったので、自分で調べてたところ、Amiide+Jyodanという方々が歌っていることが分かりました。

この記事ではAmiide+Jyodanについて紹介していきます。

また、この曲の作成には意外なあの人もかかわっています。ぜひ最後までチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

【povo登場編】田中芽衣出演CMの曲は誰が歌っている?曲名や歌手名を紹介!

田中芽衣さんが出演する【povo登場編】CMで使われている曲は「povo CMオリジナルソング」であり、歌っているのはAmiide (アミイデ)& Jyodan(ジョーダン)です。

Amiide

歌っているAmiideとJyodanはもともとCIRRCLEという3人組のヒップホップグループでしたが、2020年12月に解散しています。

Amiide(アミイデ)さんは神戸出身の女性であり、学生時代はロサンゼルスで映画を専攻していました。そのため、現在は歌手だけでなく映像クリエイターとしても活動をしています。

Amiideさんは女性であり、パートナーも女性の方です。

Jyodan

Jyodan(ジョーダン)さんはアメリカ出身で沖縄英軍基地で暮らした経験があります。主にラップを担当しています。

JyodanさんはTwitterなどがなく、生の声が見つけにくかったのですが、既に解散したCIRCCLRにて歌っている動画がありました。

手前にいる左の女性がAmiide、右の男性がJyodanです。

今回ラップが得意なAmiideとJyodanが作曲を担当。povoのために書き下ろした「povo CMオリジナルソング」を作曲、歌っています。

トラック製作はDJ FUMIYA

この曲のボーカルとラップを作成したのはAmiideとJyodanですが、トラック製作したのはRIPSLYMEのDJ FUMIYAさんです。

RIPSLYMEは2018年に活動を休止したため、往年のファンにとっては嬉しい一曲となっています。

スポンサーリンク

【povo登場編】田中芽衣出演CMについて

povo(ポヴォ)はKDDIが打ち出したオンライン専用のMNOブランドです。

NTTドコモのahamo(アハモ)やソフトバンクのLINEM(ラインモ)同様、オンラインでの手続きに限定することで安いプランを実現した形となります。

povoのメリット povoのデメリット
20GB使えて税込2,728円! 手続きやすべてのサポートがオンライン限定
付け替え自由のトッピング制度
(通話かけ放題、データ使い放題など)
auスマートバリューや家族割プラスが無効になる可能性がある
auと同じネットワークやエリアを使用しているので速度も安心 タブレットのデータシェアプランがpovoで利用できるか不明
手続き無料がたくさん
・契約事務手数料や解除料
・au、UQmobile、povoの3ブランド間の移行・解約手数料
・auとpovo間の新規事務手数料
・UQmobileのSIMパッケージ料金
povo「povo、登場」篇 15秒

 

そんなメリットたくさんのpovoが2021年3月23日から契約スタートしたため、作られたのが田中芽衣さんが出演するCM「povo登場編」です。

 

スポンサーリンク

まとめ

田中芽衣さんが出演するCM「povo登場編」で使用されている曲はAmiideとJyodanによるオリジナルCMソング「povo CMオリジナルソング」です。

AmiideとJyodanは元CIRCCLRのメンバーであり、今回はボーカルとラップの作成を担当しています。トラック担当は2018年に活動休止したRIPSLYMEのDJ FUMIYAさんなので、ファンにとっては嬉しいCMとなりました。

CMを見てると、田中芽衣さんとpovoキャラクターがコミカルに可愛らしく動いている後ろで音楽がバチバチにかっこいいのでpovoそのものに興味を強く惹かれますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました