八王子市の河川敷で発生した火事の場所はどこ?原因は?地図付きで紹介

ニュース

スポンサーリンク

こんにちは、ぽんこ夫人です。

栃木県足利市、東京都青梅市、群馬県桐生市に続き東京都八王子市でも火災が発生したとの情報が入りました。

乾燥が続き燃えやすい天候ではありますが、あまりにも数が多すぎるため不安でいっぱいです。東京は特に人口が多いため深刻な人的被害につながりかねないと心配になったため、調べてみることにしました。

今回は、

  • 東京都八王子市の河川敷で発生した火事の場所
  • 火事が起きた原因

についてまとめてみます。

東京都八王子市の河川敷で発生した火事の場所は?

東京都八王子市の河川敷で発生した火事の場所は東京都八王子市楢原町松枝橋付近です。26日午後4時前に火事の通報がありました。広範囲に燃え広がっており、浅川から北浅川まで燃え広がっているようです。

 

すでに報道ヘリコプターが出動しており、徐々に情報が集まってきました。

スポンサーリンク

東京都八王子市の河川敷で発生した火事の原因は?

現在、火災の原因については明らかになっていません。今後情報が明らかになり次第追記していきます。

火の勢いは落ち着いた模様

約3000平方メートル燃えてしまいましたが、現在は火の勢いが落ち着いたようです。東京消防庁がポンプ車など7台を使って消火活動を続けています。

場所が北浅川、浅川の河川敷ということもあり燃えたのは枯草や枯れ木がほとんどだったようで、負傷者がいるとの情報はありませんでした。

まとめ

今回の火事は八王子駅から北西に約4kmほど離れた浅川、北浅川の河川敷で発生しました。詳しい住所は東京都八王子市楢原町松枝橋付近となります。

周辺は河川敷だけでなく住宅や企業もあり、避難状況なども不明です。たくさんの情報が飛び交っていますが正確なものが分からないため、公式な発表があり次第追記します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました