高橋七海が通う宮城の高校はどこ?出身中学や学歴・経歴プロフィールまとめ!

高橋七海の出身学校などのプロフィールまとめ 芸能

スポンサーリンク

こんにちは!ぽんこ夫人です。

TBS私が女優になる日プロジェクトメンバーを見ていると、清楚美人な高橋七海さんを知り、笑顔の可愛さに目を惹かれたので調べてみました。

この記事では高橋七海さんの、

  • プロフィール
  • 出身学校
  • 学歴・経歴

についてまとめていきます。

ぜひ最後までチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

高橋七海が通う宮城の高校はどこ?

高橋七海さんが通う宮城県の高校は仙台育英学園高等学校です。

公式HPなどでは出身が宮城県とだけ紹介されていますが、制服姿の写真があったため仙台育英学園高等学校で間違いないでしょう。

出典:TBS私が女優になる日_9000人から選ばれた…ご各社10名発表SP

仙台育英学園高等学校はコースによって通うキャンパスが変わります。高橋七海さんが通っている可能性が高いのは仙台市にある宮城野キャンパスです。

このキャンパスでは難関大学の進学を目指したり、国内外の大学進学を目指すコースが多いため、高橋七海さんも日夜勉強に暮れているのかもしれません。

仙台育英学園高等学校には約3,300人の生徒がいますが、高橋七海さんほど可愛い生徒は他にいないでしょうね。

 

スポンサーリンク

高橋七海の出身中学校や小学校は?

高橋七海さんの出身中学校や小学校は公表されていませんが、中学校は仙台市立五城中学校でほぼ確定です。

また小学校は、

  • 北六番丁小学校
  • 小松島小学校
  • 台原小学校

あたりの可能性が高いです。

中学校

高橋七海さんの出身中学校は仙台市の五城中学校である可能性が高いです。

小学校から5年間バスケットボールを続けており、中学生の時には東北大会で準優勝したと発言しています。

そこで高橋七海さんが中学生だった2016年~2019年大会の準優勝学校を調べたところ、2016年(第46回)大会の準優勝学校が宮城県の五城中学校でした。

場所は仙台市青葉区にあり、仙台育英学園高等学校宮城野キャンパスまで徒歩45分ほどのところにあります。

2017年大会、2018年大会の準優勝校は宮城県以外の学校ですので、五城中学校でほぼ確定でしょう。

小学校

高橋七海さんが通った小学校は明らかにされていませんが、出身中学校である可能性の高い五城中学校に近い小学校だと考えられます。

  • 北六番丁小学校
  • 小松島小学校
  • 台原小学校

このあたりが仙台市青葉区内にあり五城中学校から1キロ圏内にある学校です。

小松島小学校と台原小学校はバスケットボール部があることが確認できたので、こちらの方が可能性は高いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

高橋七海のプロフィール

高橋七海さんのプロフィールはこちらです。

・高橋七海(たかはし ななみ)
・2004年10月5日生まれ(2021年4月時点16歳)
・出身 宮城県
・憧れの女優 飯豊まりえ
・特技 バスケットボール

高橋七海さんは2004年10月5日生まれの16歳で、現在高校1年生です。出身地は宮城県仙台市としか公表していませんが、制服姿の写真から仙台育英学園高等学校似通っていることが分かります。

小さい頃から明るくよく話す子だった高橋七海さんは、スポーツ少女で中学校ではスポーツテストの結果が3年間A判定でした。しかし文学少女でもあり、自室には小説家の湊かなえさんの書籍が多く置かれています。

高橋七海さんに演技経験はなく、今回の挑戦が初めてとなります。女優になり成功したら「お母さんにタワーマンションの最上階の部屋を買ってあげたい」と可愛い野望を見せてくれています。

ただ高橋七海さんはお母さんと2人暮らしであり、お父さんの顔も名前も知りません。そのため経済的に苦しい面があり、現在は高校に通いながらマクドナルドでアルバイトをしています。

仙台学園高校のある仙台市宮城野区にあるマクドナルドは仙台駅東口店新田東ヨークタウン店の2つなので、どちらかで働いている可能性がありますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

高橋七海さんは2004年10月5日生まれの16歳で、宮城県の仙台学園高校の1年生です。母子家庭でお母さんと2人暮らしをしながら学校に通い、放課後にはマクドナルドでアルバイトをしています。

また、演技経験などはなく今回の挑戦が初めてですが、「主役じゃなくてもいい、必ず必要となる役を演じたい」と向上心はばっちりです。いつか女優として成功し、お母さんにタワーマンションを買ってあげたいと笑っていました。

本業である学業、生活を支えるためのアルバイトをしている中での女優としての挑戦は体力的にもメンタル的にも厳しいものが多いと思います。それでもしっかり取り組む高橋七海さんに注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました