9月14日はメンズバレンタインデー!?バレンタインデーやホワイトデーとはどう違うの?

ニュース

みなさんご存知のバレンタインデーは2月14日。そのお返しをするホワイトデーは3月14日。ではそれから半年後の9月14日、実は”メンズバレンタインデー”なる記念日があることはご存知でしょうか?

このページではメンズバレンタインデー・バレンタインデー・ホワイトデーの3つのイベントのはじまりについて調べてみました。

9月14日はメンズバレンタインデー!

メンズバレンタインデーは「男性が女性に積極的に愛を伝える日」として1991年に日本ボディファッション協会により制定されました。プレゼントとしてインナーやアンダーウェアといった下着類を贈るものとされています。

日本ボディファッション協会がワコールなどの女性用下着メーカーが多く加入しているので、バレンタインデーのチョコレート市場のようにプレゼントの定番として売り上げがあがることを期待したのでしょう。

1991年に発表された一時期話題になりましたが、現在では制定した日本ボディファッション協会もメンズバレンタインデー関連のイベントや活動を行っておらず、定着率も知名度も低いままになってしまいました。

人気が出なかった理由は大きく3つあります。

  • 男性が女性に愛を告白することに特別感がない
  • 男性が女性用下着を購入することへのハードルの高さ
  • 下着をプレゼントすることそのものが難しい

本来バレンタインデーは「告白するのは恥ずかしいけどバレンタインだから」と建前が出来るので片思いする女性にとって都合が良いので受け入れられました。しかし男性から女性に愛を囁く、告白するといったシーンは年中を通してありふれたものです。わざわざイベントにしてまであやかりたい男性が少なかったことにより、流行とはなりませんでした。

さらに男性が女性用下着を買うことそのものが、日本では忌避されています。どうしても男性による女性用下着の盗難や女装といったジャンルを連想してしまうため、理由があろうと冷たい目で見られがちです。

現在ではインターネットを利用すれば人の目に触れることなく男性でも女性用下着を購入することが出来ます。しかしその為にはサイズの指定が必須で、下着のサイズを知っているということはその時点で購入者の男性と意中の女性はかなり親密な仲であることが分かります。
となればわざわざメンズバレンタインデーを利用して告白しよう!という男性はさらに数が減ってしまいますよね。

そして残念なことに、もしもメンズバレンタインデーを利用して下着と共に愛を告白しても女性がそれを不愉快にとらえればたちまち「セクハラ」となってしまうのです。
彼氏の有無を問うことや髪を切ったことに言及するだけでセクハラ認定を受ける時代ですから、恋人でもない男性からイベントを建前にプレゼントされた女性がセクハラだととらえてしまう可能性はゼロではありません。

社会的に厳しいハードルを乗り越えてようやく手にするものが「男性から女性に愛を告げる」では、普及しなかったのも無理はありませんね。

バレンタインデーは男性から女性へプレゼントを贈る日だった

3世紀頃、ローマ皇帝クラウディウス2世は「愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がる」として兵士たちの結婚を禁じていました。そんな兵士たちを哀れに思ったキリスト教のバレンタイン司祭は内密に愛し合う若者たちに結婚式を行い、皇帝に見つかった結果処刑されてしまいます。
処刑されたバレンタイン司祭は聖バレンタインとして恋人たちや愛の守護神として崇敬されるようになりました。
その処刑日である2月14日を「聖バレンタインデー」と呼び、恋人たちのための日と祝われるようになりました。

キリスト教徒は恋人同士で過ごし、プレゼントを贈るのは男性から。お花やカード、アクセサリーなどが人気を集めています。アジア圏でもインドやベトナムでも同様のイベントが行われているようです。

この時点でわざわざメンズバレンタインデーと銘打って広げる必要性がなくなりますよね。男性から女性に愛を告げるならば、ただの世界共通のバレンタインデーですから。

日本式バレンタインデーが広まったのは1950年代

バレンタインデーが日本で初めて紹介されたのは1936年のことです。
神戸のチョコレートメーカー「Morozoff」が外国人向けの英字新聞に「愛をこめてチョコレートを贈りましょう」と掲載したことがはじめでした。

しかし当時は日中戦争真っ只中。嗜好品とも言われるチョコレートの販売は難しかったようです。それでもMorozoffは諦めず、15年後の1951年にもう一度バレンタインを宣伝しました。その後東京では1958年にメリーチョコレート会社がバレンタインセールを行うなど、じわじわとその文化が浸透していきます。

ところが知名度が上がってもチョコレートの売上は伸び悩みました。1960年代、日本で初めて恋愛結婚がお見合い結婚を上回りましたが、それでも日本はあらゆることが男性主体の時代でした。「女性から男性へ」というアプローチはまだまだ少なかったのです。

状況が変わったのは1970年に入ってから。小・中・高校にて「女の子から男の子に告白できる日」として盛り上がり始めたのです。その熱は子供から大人へ伝わり、1970年代後半にはOLたちがチョコを買い求めるようになりました。

ちなみに義理チョコ文化が生まれたのは1980年代に入ってからです。これよりによりチョコレートの売上は爆発、チョコレート市場は3000億円を超える規模になり、友チョコ、ご褒美チョコ、逆チョコなどの後押しを受けてその規模をどんどん伸ばしています。

ホワイトデーがはじまったのは1977年!

日本におけるバレンタインのルーツがさまざまある中、ホワイトデーは明確に起源が分かる記念日です。

1977年、学生たちの間でバレンタインが盛り上がっている時代。
和菓子屋「石村萬盛堂」(福岡県福岡市)の3代目社長が「バレンタインデーにお返しがないのは何故か」という女性雑誌を目にしたことがきっかけです。
お返しに欲しいプレゼントランキングの上位にあったマシュマロは石村萬盛堂のお菓子「鶴乃子」の原材料だったので、そこからマシュマロデーを始めたそうです。

1978年には石村萬盛堂の活動を見た全国飴菓子工業協同組合が同年の総会にて3月14日をホワイトデーとするという決議がされました。

ちなみにマシュマロデーからホワイトデーに名前が変わったのは、マシュマロや砂糖といった原材料の白色から連想されたそうです。

おわりに メンズバレンタインデーは盛り上がらない

下着を買うことも贈ることも男性にとってはハイリスクなこと。そうして得られるリターンが「男性から女性に愛を告白する」という本来のバレンタインデーへの原点回帰なのですから、残念ながら今後もメンズバレンタインデーが普及することは可能性が低いのではないでしょうか。現にメンズバレンタインデーを制定した日本ボディファッション協会もアピール活動を行っていません。

もしも女性に愛を伝えたい男性がいるのであれば、バレンタインデーの逆チョコ、ホワイトデーを利用してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました