2020年にあやかって2020万円の福袋!?その他高額福袋を紹介!

ニュース

年末年始に販売される福袋。お値段以上の価値がある商品が買えることもあり、その人気は右肩上がりです。

このページでは福袋の中でも特に高額なものを紹介します。

1000万円以上の福袋を紹介!

平均的なサラリーマンの年収を軽く超えたお値段1000万円以上の福袋は実は結構な種類があります。ほとんどが限定品で完売しないものも多いのですが、中には売れた商品もあったようですよ。

純金ハローキティ 10,000,000円

2010年にサッカーワールドカップが開催されることにちなんで日本橋三越本店で販売されたのが純金製のハローキティ。高さ約20cm、重さ約900gのチアガール姿のものです。

そのお値段は1000万円でしたが、見事に売れたそうです。

純金製サッカーボール 20,100,000円

同じく日本橋三越本店で2010年に販売されたのが純金製のサッカーボールです。ワールドカップで使われるものと同じサイズで重さは約3キロとのこと。こちらもキティちゃんと同様にしっかり売れたようです。

百貨店「藤崎」の特別企画福袋 最高26,000,000円

仙台で有名な百貨店である藤崎。特別企画福袋は毎年人気があり、2014年の福袋では15種類が用意されました。

その中でも特に高額だったのが「平屋住宅福袋」15,000,000円に「分譲建売福袋」27,500,000円です。

お値段は少しだけ控えめですが、藤崎福袋の中でも目玉となったのが「藤崎限定 フェラーリ 458 ITARIA 福袋」限定1台の26,000,000円。まさかの車でした。

黄金の茶釜 50,000,000円

お茶を沸かす時に使う茶釜。たしかに茶道道具はお値段がピンキリでテレビでは何百万とする茶釜が紹介されたこともあります。しかしそれをはるかに上回る値段で販売されたのが純金製の「黄金の茶釜」。

2012年に東武百貨店で限定1点のみの福袋販売となりましたが、残念ながら売れなかったようです。

純金製の七福神 77,777,777円

2017年に高島屋大阪店が販売したのが「松久宗琳原作 金の七福神7体セット」。こちらは昭和から平成にかけて活躍された仏師の松久宗琳さんの作品を原作とした純金製の置物セットです。とても縁起の良い商品に縁起の良い値段でしたが、残念ながら売れませんでした。

新築一戸建て 90,000,000円

2017年、日本三越本店で販売されたのが新築一戸建てと竣工式をお手伝いに含めた福袋。お値段税込みで90,000,000という、いったい誰が買うのかというような商品でしたが何と1件売れたそうです。

2020年販売予定の高額福袋を紹介

まだ福袋の情報が公表されていない会社も多く、現在集めることができた高額福袋は阪急うめだ本店の「憧れの体験福袋」だけでしたので、そちらを紹介します。

フルオーダーの刺繍入りドレス 1,320,000円

皇室デザイナーからも人気が高い長艸(ながくさ)刺繍をあしらったフルオーダーのドレスです。採寸後にドレスは8パターン、刺繍は5パターンからデザイナーが購入者に似合うよう選び、さらにデザインしてくれます。

ヨーロッパへ買い付け+オリジナルバッグ制作 2,020,000円

オトナの女性に人気の高いバッグのブランド「ミュゲ」の日本人デザイナーとともに実際にヨーロッパへ生地を買い付けに行くこの福袋。3泊5日の行程でデザイナーさんが購入者の好みを肌で感じ、似合うものを制作してくれます。まさに世界に1つだけのオリジナルバッグですね。

ジュエリー本社を訪ねるコペンハーゲン旅行 3,400,000円

1904年に創業し、洗練された北欧デザインのジュエリーが世界中で愛される「ジョージ ジェンセン」の本社を訪問する福袋です。4泊6日かけてコペンハーゲン本社えの訪問、工房見学やペンダントのプレゼント、デザイナーとのお話、伝統料理に市内観光など、コペンハーゲン旅行がよりリッチになった福袋です。

おわりに

日本人の平均的なサラリーマンの年収を軽く吹き飛ばすような高額福袋がたくさんあります。残念ながら宝くじでも当たらないと購入する機会は訪れそうにありませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました