続くマスク品薄状態…これっていつまで続くの?月にどれくらいのマスクがあったら不足じゃなくなるのか計算してみた

コロナ・マスク

新型コロナウイルスの影響によって不足するマスク。現在は医療従事者などの感染リスクが高い人へサージカルマスクを優先し、そうでない人は布マスクの使用によって医療現場へのマスク確保が求められています。

ニュースなどでも取り上げられるのが大手メーカーによるマスク生産のお知らせ。月に億単位のマスク生産が出来ると聞いてマスク品薄状態が変わるだろうと思ったことも多いのではないでしょうか。

しかし現実問題として、マスクはスーパーでもコンビニでも売り切れ続出、入荷未定が続いています。

このページではマスク増産体制と需要と供給、マスク不足が解消するのはいつになるのか調べてみました。

グラフで見るマスクの生産量と在庫量

一般社団法人日本衛生材料工業連合会のマスク生産(国内生産・輸入)数量推移グラフを見ると、以下のようになっています。

ケタが大きいですが、2018年度(2018年4月~2019年3月)には5,538,000,000枚の、つまり55億3800万枚のマスクが生産されました。

グラフを見ると2010年だけ異常に数が少ないのが分かるでしょうか?実はこれ、2009年に新型インフルエンザが世界的に大流行した結果なんです。2009年に44億5900万枚も生産した結果、大量に在庫出来てしまって生産量はがくんと減ったということ。そのため2010年は6億6800万枚にまで激減しました。

その後2018年まで生産量が増え続けたのは、インフルエンザの流行、PM2.5や黄砂、大量の花粉が飛んだことから需要が増えたためです。

続いてこちらは、同じ日衛連の国内のマスク在庫数量のグラフです。

こちらを見ますと、2009年にあった在庫が新型インフルエンザの流行で減少し、マスクの生産が落ち込んだ2011年はさらに4億4700万まで減少。その後2012年にマスク増産体制が完成され、続く2013年の在庫量は爆発的に跳ね上がって14億400万枚となりました。

2014年からは高まるマスク需要に向けて大量生産がされ、しかし消費も多かったため2016年以降在庫数は80億枚前後で推移してきました。

2019年度(2019年4月~2020年3月)までのデータはまだ出ていませんが、新型コロナウイルスの影響によるマスクの不足から増産体制が敷かれたことによって2018年度を大幅に超える予想がされます。

マスクの需要が高まるのはインフルエンザや風邪などが流行する冬と花粉症の時期である春です。通年、月4.5億枚のマスク需要があるとされていました。

増産されたのに間に合わない?上昇するマスク需要

新型コロナウイルスの影響によってマスクが不足し、本業とする衛生材料生産企業は寝る間も惜しんでマスクの増産に尽力してくださっています。

それでもマスクが不足するを見た政府はマスク等生産設備導入支援事業費補助金というものを実施、「お金援助するからマスク一緒に作ってください」と呼びかけました。

3月の公募では10社が、4月の公募では3社が採択されました。

参考:経済産業省「令和元年度マスク生産設備導入支援事業費補助金に係る補助事業者の採択結果」

通信販売を開始するも専用サイトがダウンしたり買えない人が多発するシャープ株式会社ですが、二度目の公募でさらに900万枚の増産を決定、6月末には1350万枚の生産に向けて頑張ってくれています。

今回増産を決定した上記の会社だけでも5月末約4566万枚6月末約5920万枚7月末約2億920万枚のマスク生産が行われる予定となっています。

日衛連の2019年度データがないので正確な数字は出せませんが、2019年度は月間4.5億枚の需要に対して月間6億枚の供給を行っているそうです。

さらに政府は4月には月間7億枚に増産をすると発表もしています。しかし、5月1日現在、既存のマスクメーカーが全力で生産しているにも関わらず、私たちの手元はおろか医療現場にすら十分な数のマスクがありません。

その理由は需要の爆発的増大によるものです。

本当に行きわたらせるのに必要な数は月間36億枚以上!?

日本に暮らす人の数は1億2596万人います(2020年4月20日公表 総務省統計局人口推計より)

仮に全国民が1ヶ月間毎日マスクを使ったとすると、その数は単純計算で1億2596万人×30日間=37億7880万枚。マスクをずっとつけられない0~4歳児の人数が472万人なので、それを引いても1億2124万人。それを月間30日で計算すると36億3720万枚

4月現在、政府は月間7億枚のマスク増産を目指しています。今後補助金を受けてマスク増産に力を入れた企業のおかげで供給量があがったとしても、7月末に約10億枚のマスク生産が実現できるかどうか、というところです。

つまり、全く足りないのです。

月間36億枚超えの供給は実現的じゃない

現在フル稼働しているマスクメーカー、今後増産するために設備導入中の企業。これらの尽力があったとしても、全国民1日1枚使用を想定する月間36億枚供給はとてもじゃありませんがほぼ不可能でしょう。

そのため、政府は布マスクの着用を呼びかけているのです。不要不急の外出を避け、最低限外出する際には布マスクを使う。そうすることによって不足するサージカルマスクなどを医療現場など最優先すべきところに届けたいのです。

ところで、日本は緊急事態宣言を出して1か月、延長する方針をとっています。メディアなどでも繰り返し不要不急の外出を避けるよう周知し、おしゃれな布マスクの登場などによって布マスクの普及率も上がりました。

しかし、それでもマスクは売り切れがずっと続いている状態です。全国民が1日1枚使わないでいいように国民たちが努力しているにも関わらず、どうしてマスクがずっとない状態が続くのでしょうか?

その理由は買いだめと転売にありました。

せっかく不要不急の外出を控え、布マスクの使用でマスクの消費量を減らしても開店に合わせて並んで待てる時間に余裕のある人ばかりが買い占めてしまう…しかもその人たちは自分で使う量をはるかに超えた数をストックしています。「ないと不安」「売りたいから」と必要以上に買いだめるせいで本当に必要な人にマスクが行きわたらないのが現状です。

まとめ

現在国をあげてマスクの増産に尽力しているおかげで4月以降月間7億枚のマスクが生産されています。しかし子供などのマスクをずっとつけていられない世代を計算から除外しても、1日1枚のマスクを日本中の人が使うと必要枚数は月間36億枚以上に。とても実現できる生産枚数ではありません。

布マスクの普及、不要不急の外出を控える動きによってマスクの消費量は急激な上昇か少しだけ落ち着いてきています。マスクはまず医療現場に、次に運送業者やスーパーなどの店員に行きわたるよう布マスクの着用をオススメします。

こちらの記事ではオススメの布マスク、藍染マスクについて紹介しています。よければどうぞ。
おしゃれなだけじゃない!青よりも美しい藍染マスクには嬉しい効能がたくさんある!

コメント

タイトルとURLをコピーしました