災害時に便利な無料Wi-Fi「00000JAPAN」って何?使い方やどこで使えるかを調べてみた!

ニュース

台風や地震などの災害が起こった時、無料で提供されるWi-Fiスポット「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)。2016年熊本地震で初めて運用されましたが、認知度がまだまだ低い現状です。

10月12日、台風19号によって関東地方が深刻なダメージを受けており多くのWi-Fiスポットが解放されました。

このページでは00000JAPANの意味、使い方、使える場所、注意すべきポイントについて調べてみました。

「00000JAPAN」とは いつでもどこでも使えるわけじゃない

2011年の東日本大震災の時、通信網の復旧に長い時間がかかりました。
被災地にいる人は正確な情報が手に入らない、自身の無事を家族・親族に伝えられない、電話やメールをかけようとしても携帯電話各社のキャリア回線が繋がらない…。
そうしているうちに電源が切れてしまい充電手段もなくなった、なんてことがありました。

その反省を生かし、各通信事業者は大規模災害時に情報収集や安否確認などを支援するためにWi-Fiスポットを無料で提供する、と決めたのです。

そのためau、ソフトバンク、docomoなどの大手企業と契約していなくとも、非常時に限って無料で使うことが出来ます。00000JAPANを使う人が増えればそれだけキャリア回線への負担が減りますから、携帯会社としても自社の回線がパンクしにくくるなるというメリットがあります。

しかしこれは大規模災害であると通信事業者が判断した時のみに解放されますので、普段は利用することの出来ないサービスです

00000JAPANの利用方法とは

使い方は非常に簡単です。iPhoneやandroidで使い方が違う、なんてこともありません。

1.『設定』アイコンをタップ
2.『Wi-Fi』のタブをオンにする
3.表示される『00000JAPAN』をタップする

これだけです。また、ノートパソコンやタブレット端末でも同じです。
設定→Wi-Fi→接続先の検索→表示された「00000JAPAN」をクリックすると無料で利用できますよ。

具体的には、auのau Wi-Fi SPOTやdocomoのdocomo Wi-Fi、ソフトバンクのソフトバンクWi-Fiスポットが利用できます。コンビニやカフェなど、様々な場所にあるので近隣で利用できそうな場所は調べておきましょう。

セキュリティはほぼ0!しかも…

普段私たちが利用するWi-Fiスポットは、無料公開されているところでないかぎり認証や暗号化がされています。

iPhoneにしろandroidにしろ、Wi-Fiを利用するためにはパスワードが必要ですよね?

自宅で初めてつなげる時、買い替えた後初めて実家で使う時…Wi-Fiルーターにプリントされているネットワーク名やパスワードを入力します。

数字や英字の大文字・小文字の入力が面倒だなぁと思いますが、そのパスワードがあるためにその接続内容が守られているんです。

けれど災害時、非常時にそんなことを言っていられません。
検索して選択するだけで接続できるようになっている分、この認証や暗号化というものがない状態です。

その為技術がある人や仕組みに詳しい人に「00000JAPAN」でやりとりされた内容を盗まれる可能性があるんですね。

災害時の情報確認、身内や友人に無事を伝える程度にすることが大切です。

災害で受けたストレス解消のためにネットショッピングを利用してクレジットカード番号を入力するネットを利用して地方銀行に預金している貯金を別の銀行に振替する、なんてことは絶対にやめましょう。クレジットカードの番号や銀行口座の番号、暗証番号まで盗まれるかもしれません。

さらにシステム的な問題だけでなく、もっと悪意の高いものがあります。それが、00000JAPANによく似た偽物が存在するということ。

00000JAPANというのはアクセスポイントの名前です。たまにツイッターで「大塩平八郎のLAN」や「LANねえちゃん」などのネタ画像があがるように、アクセスポイントの名前はやり方さえわかれば簡単に変更できます。

つまり、00000JAPANが解放されたタイミングで同じ「00000JAPAN」という名前で無料開放する人がいるかもしれない、ということです。

例えばコンビニなどで利用しようとして「00000JAPAN」の下に「000000JAPAN」なんてものがあれば、0が1つ多いのですぐ気が付くでしょう。

あるいは正しい「00000JAPAN」だとしてもそれがどう見ても携帯キャリアのWi-Fiスポットがなさそうな空き地や住宅地だった場合もおかしいな?と気が付きます。

問題なのは本物の「00000JAPAN」のある場所で全く同じ名前の「00000JAPAN」があった場合です。

そもそも00000JAPANはSSIDの表示される順番が数字、アルファベット順のため、緊急時にリストの先頭に表示されるよう名付けられました。

同じ00000JAPANが2つ存在した場合、どちらが正しいポイントなのか判断出来ません。もしかしたらコンビニだし使えるはず、と選択したそのスポットは悪意ある第三者が作った罠かもしれませんよ。

その為、正しいものを選べたかどうかの問題以前に、無料開放されているWi-Fiで個人情報や金銭取引、サイトやメールボックスへのID・パスワード入力は絶対にやめましょう

まとめ

00000JAPANについてのまとめ
・Wi-Fi開放スポットへ行く
・設定→Wi-Fi→00000JAPANを選択
 ※個人情報を入力しない、情報確認程度にする
 ※悪意ある第三者はいると思って利用する

残念ながら生きていく上で災害に遭わない方法はありません。台風や地震、噴火、竜巻など、ありとあらゆる災害が起こる可能性があります。

そんな状況を少しでも正しい情報を得て生き残るために、是非00000JAPANの存在を覚えておき、いざという時に役立てましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました