沢城みゆきが朝ドラに!空白の130日は育児休業?

芸能

沢城みゆきさんは様々なアニメで重要なキャラクターを演じてきた人気の女性声優です。
出産の為に育児休業していましたが、現在は復帰してなんとNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」にて異例の顔出し出演を果たしました。
このページでは沢城みゆきさんの結婚・出産日についてまとめます。

沢城みゆきさんのプロフィールと経歴

声優名の沢城みゆき(さわしろ みゆき)は本名です。ファンからは「みゆきち」と呼ばれて人気を集めています。
1985年6月2日生まれの34歳ですが、1999年の「デ・ジ・キャラット」の「プチ・キャラット(ぷちこ)」役に抜擢され声優デビューを果たしたので、声優歴はなんと20年
生まれてから声優として活動している年月の方が長いのです。

沢城みゆきさんの活躍はアニメだけでなく、ナレーションや洋画の吹き替えを担当されています。

  • アニメ「HUNTER×HUNTER」クラピカ役
  • アニメ「ONE PIECE]シャーロット・プリン役
  • アニメ「ルパン三世」峰不二子役(3代目)
  • TBS番組「櫻井・有吉THE夜会」ナレーション
  • TV朝日番組「報道ステーション」ナレーション
  • 映画「ダンボ」コレット・マーチャント役(演:エヴァ・グリーン)
  • 映画「アクアマン」アトランナ女王役(演:ニコール・キッドマン)

現在はアニメ「ゲゲゲの鬼太郎(6期)」にて主人公の鬼太郎役を演じています。
NHKの朝ドラ「なつぞら」にて声優に挑戦する若手女優という役で顔出し出演をされています。

2018年6月に結婚、2018年11月には出産!

「私、沢城みゆきは6月2日に一般の男性と入籍致しました」
と結婚報告を発表したのは沢城みゆきさんが所属する事務所、青二プロダクションです。
ちょうど沢城みゆきさんの誕生日に入籍されたようですね。

続いて青二プロダクションから公表されたのは「産前・産後・育児のため休業します」というお知らせ。
なんとその日付は6月28日。授かり婚だったようです!

その後2018年11月5日のTV朝日番組「報道ステーション」にてナレーションの復帰を果たしました。
産前・産後・育児休業の期間はたったの130日しかありませんでした。ママならわかると思いますが、とんでもないスピード復帰です。

産前産後休暇は労働基準法第65条で決められています。
妊娠している女性は通常、産前6週間・産後(出産翌日から)8週間を休業することが出来ます。
しかも産後はどれだけ本人が働きたい!とお医者さんの許可をもらってきても会社は絶対に6週間は休ませないといけません。

6月28日に産前休暇に入ったのであれば、出産日は8月8日の予定です。その後10月3日までが産後休暇として認められるので、復帰した11月5日までは32日。おおよそ1か月の育児休業です。

通常育児休業は子が1歳になる誕生日の前日までですので、8月8日生まれだとすると2019年8月7日まで認められます。そう考えるととんでもないスピード復帰に驚きです。

まとめ 沢城みゆきさんはかなりパワフル!

沢城みゆきさんの出産日が公表されていませんので想像でしたありませんが、仮に計算通り8月8日だったとしたら産前・産後・育児休業まで全部合わせて130日。

スピード復帰はファンにとって嬉しいかもしれませんが、出産は命がけのお仕事です。母子ともに悪影響のないよう十分に休みもとりつつこれからも活躍していただきたいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました