毎年末に発表される「今年の漢字」って誰がどうやって決めているの?

ニュース

その年の世相を一文字で表現する「今年の漢字」ですが、2019年は”令”に決定されました。毎年12月12日に発表される「今年の漢字」は今年で25回目。ついに四半世紀に突入しました。

このページでは「今年の漢字」がどのようにして選ばれているかをまとめてみました。

主催者は「日本漢字能力検定協会」

漢字検定や文章検定などを管理する公益財団法人日本漢字能力検定協会が主催です。

平成に入りパソコンや携帯電話の登場によって漢字の読み書きが簡単になった結果、日本語の読解力のレベルが下がったことを危惧したのがこの団体。

日本漢字能力検定協会は12月12日を漢字の日としています。これは「いい字一字」が「1(いい)2(じ)1(いい)2(じ)」の語呂合わせから選ばれたもので、1995年に制定されました。

それに合わせて、1年間であった出来事の中で特にその年を表すようなものを漢字一文字で表現する「今年の漢字」を選ぶようになりました。

25回目を迎えた2019年の漢字は「令」。やはり元号が変わったということで「令」「和」は人気が高かったようですね。他にも法令改正、法令順守、警報発令、避難命令など、制度改変や災害の多さを象徴する意味もあったようです。

応募は11月1日~12月初旬

今年の漢字は毎年11月頃から12月までの短い期間で募集されます。応募方法は3つあります。

・インターネット応募
日本漢字能力検定協会HPにある「今年の漢字」応募フォームから必要事項を記入して応募

・はがきによる応募
郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を明記の上今年を表す漢字とその理由を書いて送る。
1通につき一字ですが応募自体は制限されていません。複数候補がある場合は別のはがきに書いて応募してください。

・応募箱から直接応募する
清水寺、書店や図書館、一部企業や施設など、全国約1300か所以上に応募箱が設置されます。備え付けの所定の応募用紙に必要事項を記入して応募する形です。

※2019年度の募集は締め切られました。

最も多く応募された漢字が選ばれる

今年の漢字は単純な数で選ばれます。2019年の漢字となった令は応募数216,325票のうち30,427票を集めての1位となりました。

そのため、忖度(そんたく)などはなく物量で選ばれる世界です。応募には個人だけでなく団体応募もあるため、全く”お気持ち”が介入しないわけではありませんが、そのルールは極めて単純です。

毎年漢字が発表されてから「あぁ今年の漢字か」と思って応募方法を調べても間に合いません。来年の末まで覚えておく…というのも難しい方は、日本漢字能力検定協会の公式Twitterをフォローすることをおすすめしますよ。

2019年「今年の漢字」
毎年名前が変わり、来年は2020年「今年の漢字」となる予定です。

単純に応募の告知や発表だけではなく、過去に選ばれた漢字をクイズ形式でツイートすることもあります。発表後は応募総数と上位10位までの獲得票数と選ばれた漢字もツイートしてくれるので、時間つぶしにはちょうどいいですよ。

発表の舞台は京都の清水寺

縦150cm、横130cmの大きな和紙に今年の漢字は揮毫(きごう)されます。今年揮毫したのは森清範(もりせいはん)貫主(かんしゅ=住職)でなんと開催後25年間ずっと揮毫し続けています。

さらにこの揮毫、練習なしのぶっつけ本番。多くのカメラと人に囲まれながら、あれだけ美しい字を書くのはとても大変なことですよね。

ちなみに毎年清水寺が舞台に選ばれる理由は2つあるとされています。

まず、日本漢字能力検定協会の本部が京都府にあるということ。2つ目は清水寺は日本が世界に誇る、日本を代表するお寺だということで毎年舞台として選ばれているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました