【半妖の夜叉姫】麒麟丸の強さは?竜骨精や殺生丸、犬夜叉より弱い?

アニメ・ゲーム・マンガ

スポンサーリンク

半妖の夜叉姫に登場する暫定ラスボスの麒麟丸ですが、アニメが進むにつれ徐々にその詳細が明らかになってきました。

そこで今回は麒麟丸の強さに着目して犬の大将、竜骨精との強さを検証、その上で殺生丸・犬夜叉の強さと比較していきます。

この記事はアニメ15話までの情報を元に考察しています。

麒麟丸の強さについて

麒麟丸が直接戦っているシーンはあまりなく、その実力は謎に包まれています。

そのため他の妖怪との比較によって推察していきます。

犬の大将と実力が拮抗していた

戦国時代よりさらに500年前の平安時代、病と飢饉によって人間が減り、妖怪が増えた時代がありました。この時二大妖怪として数えられたのが麒麟丸と犬夜叉・殺生丸の父である犬の大将です。

出典:半妖の夜叉姫「過去への扉」

犬の大将は西を、麒麟丸は東を治めていました。この2人の実力が拮抗していたため、妖怪たちのパワーバランスが崩れることはなく、ある意味均衡のとれた時代が続きました。

平安時代に妖霊星が飛来した時、犬の大将と麒麟丸はともに隕石に立ち向かい平和を保ちました。その後麒麟丸は姉の是露に起こされるまでの500年間、眠りにつきます。

犬の大将も麒麟丸も竜骨精より弱い

妖霊星を消し去った後、麒麟丸が眠りについているうち300~400年の間、犬の大将一強時代が続きます。

その後、犬の大将は東で最強と名高い大妖怪・竜骨精の話を聞きつけて勝負を挑みに向かいます。しかし竜骨精は噂通りの実力を見せつけ、犬の大将は竜骨精を封じるので手一杯でした。さらに、この時受けた傷が原因となり犬の大将は死亡します。

竜骨精

このため、力関係をあらわすと竜骨精>犬の大将=麒麟丸となるため、麒麟丸では竜骨精に勝てないことになってしまいます。

麒麟丸は犬夜叉・殺生丸よりも弱い…

犬の大将も麒麟丸も強大な妖怪として登場します。しかし、原作犬夜叉では犬夜叉と殺生丸が大妖怪たる父、犬の大将を超えるストーリーが展開。犬夜叉は竜骨精を撃破して爆流波を習得しただけでなく、鉄砕牙の最終形態である冥道残月波を完成させるほどに最強の半妖となりました。

殺生丸も父を超える大妖怪となった証として爆砕牙を手に入れます。これにより殺生丸は父を超えただけでなく戦国時代最強の妖怪に上り詰めたのです。

この時点で2人とも犬の大将をはるかに凌駕した存在になっており、麒麟丸と戦っても下手したら冥道残月波や爆砕牙の一閃で勝負がつく可能性も。ワンパンならぬワンザシュで終わるほど実力に差があります。

実際、アニメ15話でかごめに襲い掛かった麒麟丸を後ろからあっさり殺生丸が抜き去ったこともあり、現状殺生丸よりは弱い可能性の方が高いですね。

麒麟丸が強い可能性は

現在明らかになっている情報は「麒麟丸は犬の大将と互角の力であった」「時空を超える能力を持っている」です。

そのため犬夜叉・殺生丸>竜骨精>犬の大将=麒麟丸という図式が出来てしまい、犬の大将も麒麟丸も普通に弱いことに…。

しかし麒麟丸を弱いと断じてしまうにはいくつか気になる点もあります。

時空を超える力とは

アニメでは時代樹の精霊によって明らかにされた「麒麟丸は時空を超える力を持っている」ということですが、現時点ではまだその力の詳細ははっきりしていません。

現代でとわの英語教師を担当する希林先生は苗字がきりんであること、声優が麒麟丸と同じ細谷さんであるため同一人物ではないか?と言われており、時空を超える力とはこのことではないかという推測がされています。

仮にこの時空を超える力が骨喰いの井戸よりももっと利便性が高く、麒麟丸が好きな時代に飛べるようなものだとすると、確かにめちゃくちゃ強いと言えます。敵が生まれる前に親を殺すなどが出来ればまさに敵なし状態に。

ただし冥加からは時空を操って世界をつぶそうとするようなお方じゃないとも言われており、実際その力を使っているところもありません。

実は犬の大将=麒麟丸>竜骨精だった可能性

犬夜叉が父を超える半妖となるための試練だったのが竜骨精の撃破ですが、この物語はかなり序盤の内容です。犬夜叉の単行本56巻中20巻目の話であり、後々にこの犬の大将vs竜骨精にも議論がされるようになりました。

犬の大将は存命中に死神鬼という大妖怪に完勝しています。この死神鬼は冥道残月波の真の所有者であり、犬夜叉と殺生丸が2人がかりで挑んだにも関わらず非常に苦戦した相手でもあります。

死神鬼(ししんき)

死神鬼の妖力と冥道残月波を奪った鉄砕牙であれば、巨体の竜骨精はいい的です。そのため犬の大将が竜骨精相手には激闘の末封印するのが手一杯だったという戦いには疑問が残ります。

そのため、竜骨精との闘い前には何かが起こっており、万全の状態ではなかったため敗北した=素の状態なら犬の大将と麒麟丸が竜骨精より強いという可能性も残っています。

ただし高橋留美子先生は犬の大将vs竜骨精について「犬の大将が東に強い奴がいると聞いて喧嘩売りに行った」と説明しており、犬の大将が弱体化した後に喧嘩をふっかけに行く理由を半妖の夜叉姫製作陣がつけられるは思いません。

そのため、ありえるとしたら竜骨精がもっと強かった説だと考えます。

犬夜叉と戦った竜骨精が万全の状態じゃなかった

犬夜叉が激闘の末討ち取った竜骨精ですが、そもそも本来の力を発揮できていなかった説があります。

竜骨精は犬の大将の封印により約60年ほど眠っていました。寝起きに加えて犬の大将の爪の毒や封印の影響が残っていた可能性もあります。何より犬夜叉のことを雑魚の半妖だと徹底的に侮っていたので、なめプが原因で爆流波に対応できなかった可能性が…。

そのため、犬夜叉が倒した竜骨精は非常に弱体化した状態であり、万全の状態なら冥道残月波を習得した犬夜叉ですら倒すのが難しい相手だった可能性もあります。

まとめ 竜骨精の強さによって麒麟丸の強さは決まる

アニメ15話時点では麒麟丸の戦闘シーンや実力がうかがえるシーンが少ないためその強さを推察することが難しいです。

他の妖怪の強さから検証すると竜骨精>犬の大将=麒麟丸という強さに。しかし犬の大将は終盤の強化された犬夜叉・殺生丸が苦戦した死神鬼に完勝しているため、かなりの実力を持っています。

そのため竜骨精が死神鬼より強かったなどの設定があれば、麒麟丸は非常に強力な妖怪だということが分かります。

ただし、半妖の夜叉姫製作陣はこのアニメを犬夜叉とは全く別物の物語であるとしているため、既存のキャラクターである竜骨精の強さや犬の大将の強さについて設定を深めるよりも、麒麟丸自身の強さを強化していく可能性の方が高いです。

また情報が新たになればもっともっと強くなる可能性がありますね。

半妖の夜叉姫をU-NEXTで楽しむなら

見逃し配信バナー

こちらの記事では妖怪・半妖・人間の3部門にわけて最強キャラを紹介しています!
【半妖の夜叉姫】最強キャラは誰?妖怪・半妖・人間の強さを考察してみた

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました