【ふたご座流星群】2019年のピークは12月15日!見つけやすい方角と時間を調査!

ニュース

三大流星群の1つ、ふたご座流星群。毎年テレビやニュースで取り上げられるこの流星群ですが、残念ながら今年は観測条件が良くない見込みです。

それでも年に1度の流星群、肉眼で見たい!と思う方も多いでしょう。このページでは2019年におけるふたご座流星群の観測状況についてまとめてみました。

ふたご座流星群とは

ふたご座流星群は、ふたご座のα星(カストル)付近から出現する流星群で、しぶんぎ座流星群・ペルセウス座流星群とならぶ年間三大流星群の1つです。

ふたご座はギリシャ神話に登場する双子が星座になったものとされています。

出典:Hondaキャンプ

上の双子の画像のうち、左が兄のカストルで右が弟のポルックス。ふつう星座はその星の中で一番明るい星がα星として認定されますが、ふたご座はポルックスより暗いカストルがα星として認定されています。

ふたご座流星群は、兄弟の顔あたりから星が降り注ぐ現象。まるで涙みたいですね。

出典:国立天文台(NAOJ)

こちらは2018年のふたご座流星群の姿をとらえた写真です。2018年はふたご座流星群を観測するうえで非常に良い環境に恵まれていました。

1時間あたり40~60個、多いときには100個近くの星が流れます。2018年の報道を見て今年こそは!と思った方には残念なお知らせですが、2019年は観測条件がよくありません。

観測条件が悪い理由は月明り

今年、流星群の活動が最も盛んになる日が12月15日です。

出典:満月カレンダー

12月11日に満月をこえ、15日は右側が少し欠けている状態が予想されます。満月ではないため一晩中見えるわけではないのですが、やはり月明りは視界を明るくするので観測の邪魔になってしまいます。

12月14日の午後7時頃、月は南東にのぼります。そのまま15日午前9時まで南西めがけて沈んでいきます。

つまり、1番観測しやすい14日深夜~15日未明にかけて、月はのぼったまま。

1番のピークは15日午前4時頃。残念ながら、まだ月が沈みきっていないので視界が明るくなってしまいます。

2019年は北の空を見よう!

2019年のふたご座流星群のピークは12月15日午前4時頃

月は14日午後7時頃より15日午前9時頃まで南東→南西に進みます。

つまり、北を向いて観測すれば月が視界に入ることはありません!

北の空を見るうえで注意が必要なのが、市街地の明かり。せっかく月を避けて空を見上げても、高いビルや明るい電灯が多いとどうしても見つけにくくなってしまいます。

ふたご座流星群はどの方角でも発生する可能性があります。必ずこの方角を向かなければならない!ということはありませんが、やはり月明りに邪魔されないよう北の空を探してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました